LCCが利用できる空港は本当に不便か?

- LCCが利用できる空港は本当に不便か?

LCCが利用できる空港は本当に不便か?

LCCを利用できる空港は、主要な空港よりも比較的アクセスが悪いところにあるので、不便に感じるかもしれません。
格安航空券だけでなく、空港までの行き帰りの交通費まで含めて考えなければ、本当に得したとは言えないでしょう。

しかし、LCCに対応しているすべての空港が不便だとは限りません。
格安航空券の安さを実現するために、サブ空港の方が会社にとってメリットが大きい事情もあります。
それに加えて利用者にも少なくないメリットがあるので、詳しく見ていきましょう。

意外と交通費がかからないサブ空港

まず利用者側にとってのメリットですが、都心に立地していない空港でも、車で行き易い場所で駐車料金も安いという点があります。
時間厳守なので空港には確実に予定通りに到着しなければなりませんが、その代わりに待ち時間が少なくスムーズに運航されている良さもありますね。

それに、格安航空チケットで浮いた分のお金を考えれば、空港までの手間や交通費はあまり気にならないという意見も多いです。
サブ空港は混雑もしにくいので、快適に利用できるという意味ではむしろ望ましいのではないでしょうか?


なぜサブ空港が利用されているのか?

そもそも格安航空会社が主要空港を利用していないのは、使用料が高いからです。
航空会社は空港を所有している法人と契約し、使用料を払って飛行機を運行させる権利を得ています。
航空会社は空港で売店など商業サービスで利益を得られないので、フライト料金から賄うしかありません。

使用料のコストが大きく占められていたのが、格安航空会社では使用料の安いサブ空港と契約することで大幅なカットを実現しています。
サブ空港にとっても、結果として利用者が増えるのでお互いにとってのメリットになっているのです。
ローコストキャリアの就航数が多いので有名なのが関西国際空港と成田空港ですが、より便利さを望むならどちらかといえば関空のほうが評判が良く、忙しい人にもおすすめします。