初心者にもオススメな格安航空券を大特集!

- LCC初心者が知っておきたい基礎知識

LCC初心者が知っておきたい基礎知識

LCC(格安航空会社)は、低料金での旅行を実現するには必須の選択肢となりつつあります。
海外ではすでに、大手を超える規模の人気があり、日本でも特に若者世代の支持を強く得ているようです。

LCCのメリットといえば、どこよりもお得な格安航空券をゲットする機会が多い点にあります。
ですが、ローコストキャリアに慣れていない人だと、大手の良質なサービスとのギャップに不満に思う人もいるかもしれません。

また、格安航空券だけに釣られて何の前知識もなしに搭乗すると、思わぬところで失敗をする人もいます。
当サイトでは、ローコストキャリアの初心者でも分かりやすく、チケットの買い方や搭乗の際の注意点まで解説していきます。
まず、LCCを利用する前に最低限知っておきたいこと、準備しておきたい内容を以下にまとめました。

チケットが安いのは訳ありか?

格安航空会社では、チケットの安さ以外では旧来の航空機並みの上質さは期待するべきではありません。
座席が狭く感じたり、機内サービスが全くないという多少の不便さはありますが、新幹線や電車と同じようにあくまでもただの交通手段として考えれば、大きな問題には感じられなくなるでしょう。
激安の料金だからと言って、特別大きな欠点があったり安全性のリスクが高いという理由ではないので、その点では安心してください。


荷物のオプション料金に要注意!

大手の航空会社だったら多少のオーバーは見逃してくれる可能性がある重量制限も、格安航空会社では徹底して厳しい基準を設けています。
コストを下げている代わりにぎりぎりの運営をしているため、こういったオプション料金から少しでも利益を上げようとせざるを得ないので、やむを得ない措置です。
1グラムでも基準を超えていると、オプション料金と称して容赦なくペナルティが課されるので、出発前の荷物の見直しは欠かせませんね。
当サイトでも、荷物をコンパクトにまとめるコツを紹介しています。

遅延や欠航の補償が無い

格安航空会社では、万が一の時の補償が既存の会社よりも手厚くありません。
最悪の場合、現地での宿泊代や代替便は自分で手配して、フライト予定は翌日以降まで待たなければならないかもしれません。
どうしても外せない予定がある人のフライトは、そのリスクを考えるとあまり勧められませんが、トラブルが起きても準備を怠らず慌てず対処できるなら大きな失敗は避けられます。
旅行計画を立てるときには、余裕を持たせて遅延・欠航にも備えておきたいですね。

機内サービスはすべて有料になる

従来の航空会社では、チケット料金に機内食や娯楽用のオプションまで含めているため、チケットが高額になりがちです。
ですが、格安航空チケットはそれらの料金を一切含めないからこそ、手の届き易い価格になっていると言えます。
これまで機内食や娯楽サービスもあまり必要としなかったという人は、大手の場合それだけチケット代を損していたことになってしまいます。

どうしても快適なサービスが欲しい、無ければ不満でない限りは、チケット代に余分なコストを含めないでほしいという意見も多いでしょう。
格安航空券はそんな要望にも柔軟に応えられていますが、そのかわり何かオーダーしようとすると高くつくのが欠点です。
飲食物の持ち込みは制限されていますが、せめて暇つぶし用の本やポータブルプレーヤーに、少しでも快適になるようにブランケットくらいは用意しておいたほうが良いでしょう。
お腹が空いたときのために、搭乗の前に軽く食事を済ませておくのも一つの対策です。

まとめ

最安値格安航空券は、安さに伴う欠点を補うためにサービス向上がされつつありますが、大手とははっきり別物と考えていたほうがストレスも溜まりません。
慣れるまでは乗り心地やサービスの面で、確かに不満があるかもしれません。
それでも、チケット代が安いため肝心の旅行の内容の方にお金をかけられるので、そちらの満足度の方が重要ではないでしょうか。

ローコストキャリアも慣れてくると、あくまでも最低限の交通手段と割り切れるようになってきます。
注意する点や自分で準備するものは多少増えますが、以上に述べてきた点を押さえていればそれほど悪くないし、工夫や心がけ次第で十分快適なフライトが楽しめるでしょう。
当サイトで紹介する内容も参考にしつつ、フライトの前にしっかりと準備を怠らないようにしていただければと思います。